本厚木駅すぐの歯医者、さかえ歯科クリニック

24時間予約受付
初めての方専用

キービジュアル

気になる歯の黄ばみや着色をとるには?☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年09月28日

こんにちは♪

さかえ歯科クリニック衛生士の河津です(^_^)

今日は「歯の着色について」お話ししたいと思います。

 

さしあたって気になる症状はないのだけれど

歯の着色が気になる……。

 

毎日しっかり磨いていて

定期的にクリーニングも受けているのに

また着色してしまった……。

 

そんなお悩みはありませんか?

 

着色の原因は様々です。

タバコ、コーヒー、紅茶、赤ワインなど、

着色しやすいものを好んで摂取される方は

特にリスクが高まりますが

日常の食事でも、着色する場合もあります。

 

歯をお皿やカップと考えると

なんとなくわかりますよね?

毎日使うものですから

しっかり洗っていても

長く使っていれば

取れない汚れや黄ばみが出てきてしまいます。

 

さて、着色のデメリットってなんでしょう?

 

見た目が悪いのはもちろんですが、

着色した歯の面は、ザラザラして

歯石や歯垢が付きやすくなりますので

虫歯や歯周病のリスクが高まります。

また、さらに着色が付きやすくもなります。

 

一度ついた着色汚れは

ハブラシや歯磨き粉で落とせるものもありますが

ついた原因によって、汚れの程度も様々ですので

しっかり除去するには

専門的な道具やペーストを用いたクリーニングが必要です。

 

また、歯石の上についた着色汚れは

歯石を取らない限り、除去することが困難ですので

定期的な歯石取りが必要になります。

歯石を放置しておくと、歯周病で歯を失う原因にもなります。

 

でも、自分で口の中を見ても

どれが歯石か着色なのかよくわからないよ(>o<)

 

という方が、ほとんどだと思います(^_^;)

また、歯石や着色の付き方は

食事の回数や嗜好品の有無、唾液の質や量、

歯磨きの状況によって変わります。

ご来院いただければ、お口の中の状況を見て

ご自身に合ったクリーニングの頻度や

ハブラシ、歯磨き粉などもご提案出来ますので

お悩みの方は、ぜひ一度

ご相談くださいね♪

 

歯のクリーニングは、健康保険で行えますが

クリーニングで取りきれない汚れや黄ばみに関しては

ホワイトニングで改善出来る場合もあります。

 

ポリリン酸を使ったホワイトニングならば

歯をコートしながら白くしていきますので

汚れがつきにくくなるという効果もありますよ(^_^)

 

食器と違い、取り替えることが出来ない大事な歯。

キレイに気持ち良く一生使っていきたいですよね。

皆さんの歯をキレイにするお手伝いが出来れば幸いです。

着色が気になる方も、

そういえば、しばらくクリーニングしてないな~という方も

ご来院、お待ちしています♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(^_^)

 

 

 

予防歯科とはなんでしょう☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年09月22日

こんにちは。

さかえ歯科ドクターの小泉です。

 

今回は『予防』についてお話していこうと思います。

 

いきなりですが 歯科医院は何をするところだと思いますか?

 

「歯を治療するところ」 と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

確かにそれも正解なのですが それだけではありません。

 

「口腔内が悪くなる前に予防するところ」でもあるのです。

 

歯が悪くなったら治療 ではなく 悪くなる 前 に予防が理想です。

悪くなったら当然歯を削らなきゃいけません。麻酔もしなければいけないことも多いです。もちろん抜歯もありえます。そうなれば入れ歯しか選択肢がないかもしれません。

でもすべて予防で済ませれたら・・・?

 

口のことでも体のことでも早期発見早期治療・予防が最も被害が少ないのです。

 

 

歯に関しては 治療という言葉を使いますが 実際は修理に近いのかもしれません。

歯は治療できる回数にも限界がありますし、当然大きなむし歯ほど歯に対するダメージは大きいです。

治療に使う素材によっても治療後に再度むし歯になってしまう「2次むし歯」になりやすいもの、なりにくいものがあります。

ただ噛めればいいや、というその場しのぎではなく、将来の歯の寿命・・・健康年齢を延ばす意味でも悪い菌のつきにくいジルコニアやセラミックを選択することも「予防」につながります。

 

 

歯茎や骨などの歯周組織に関してはもっと重要になってきます。

みなさんは歯周病を知っていますか?

 

名前は知っているけど どういう病気か知らないという方が多いように思えます。

歯周病は骨が溶けていく病気です(歯ではありません)

 

歯を植物。骨を土に置き換えてみましょう。

 

植物は土がなければ咲いていられない。立っていられない。

歯も同じく骨がなければ立っていられないのです。

 

先ほど書いた通り 歯を支える骨が溶けてしまうのが歯周病で 溶けた骨は足すことは非常に困難です。

 

重度の歯周病ですと抜歯になるケースも少なくなく そのまま入れ歯しか選択肢がないなんてことも多いです。

インプラントも骨がなければできません。

 

歯がない方は認知症のリスクが1.9倍というデータも出ています。

80歳で歯が20本以下の人の8割が非自立であるというデータも出ています。

 

歯がなくなってから 「もっと歯を大事にしておけばよかった!」では遅いかもしれません。

 

だからこそ 歯も 骨も 『予防』が非常に重要なのです。

 

 

今後も悪くなってから対処する!のではなく悪くなる前に予防して いつまでも元気に健康寿命の長い一生にしていきましょう!

 

予防のお話は大好きなのでさかえ歯科に来ていただければたくさんします!

お待ちしております!!!

ホワイトニングが新しくなりました☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年09月22日

ホワイトニングのお知らせ。
当院で行っておりますホワイトニングの薬剤がバージョンアップしました。
メーカ公表値で前製品より30%以上の効果が出るとのことです。
技術指導を歯科衛生士全員が受講しました。
新しいホワイトニングをご希望の方は、ご予約お待ちしております。

歯石について☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年09月6日

こんにちは(^_-)-☆歯科衛生士の菅原です♡

今日はよく耳にする歯石についてお話しします。

みなさん歯石って知っていますか??

歯石とは、口の中の汚れ(プラーク)の中の細菌が唾液中に含まれるカルシウムやリンなどのミネラル成分と結合し、時間が経って石のように硬くなってしまったものを言います。

個人差はありますがブラッシ ングで取りきれなかった汚れ(プラーク)は、付着して2日から2週間程で歯石になってしまいます

 

 

 

歯石は歯の石と書くように歯に固くこびり付き、その表面がザラザラしているため周りに汚れが溜まりやすくなります。
汚れ(プラーク)には細菌が多く含まれ、繁殖して毒素を出します。その毒素により歯茎の炎症が悪化していくと言われています。

歯石を定期的に取ることで生涯自分の歯で美味しいものを食べれるか左右されるといっても過言ではありません💛また口臭予防にもなります☆

さかえ歯科には四名の歯科衛生士がいます。

みなさまの健康のお手伝いをさせてください☺

クリーニングは保険の負担額によっても変わりますが3割負担でおおよそ3,000円前後です。ぜひお気軽にクリーニングのご予約お電話ください💛

フッ素塗布っていいことあるかも☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年08月19日

こんにちは!

厚木市のさかえ歯科クリニック、トリートメントコーディネーターの天利です!

 

今回は、フッ素についてお話させていただきます。

 

フッ素には次のような働きがあります!

 

①甘い物を食べると歯が溶けてしまいます。

その原因である酸に対して抵抗力の強い丈夫な歯を作ってくれます。

 

②虫歯菌から作られる酸の生成を抑制します。

 

③虫歯になりかけた初期の歯を元に戻します。

しかもフッ素は安全であり、老若男女どなたでもご利用いただけます。

 

〈フッ素を塗った後の注意点〉

・歯科医院でフッ素を塗った後は30分ぐらい、飲み物を飲んだり食べたりしないでください。

・『フッ素を塗ったから…』と安心してしまい、お子様の歯磨き、お母さんの仕上げ磨きを怠らないでください。

・虫歯に絶対にならないということはないのでご注意ください。

 

フッ素を効果的に活用するために、4ヵ月~6ヵ月に1度は定期健診にいらしゃり虫歯を予防していきましょう☆★☆

さかえ歯科は本厚木駅北口から徒歩5分!立体駐車場と隣接なのでお車も400台止められます!

他にも、何かご質問などがあればお気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、ご連絡、ご来院をお待ちしております☆

マウスピースで歯ぎしり防止☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年06月16日

こんにちは!

厚木市のさかえ歯科クリニックトリートメントコーディネーターの天利です!

 

今回は、無意識のうちに歯ぎしりをしてしまう方におすすめのマウスピースについてお話させていただきます。

 

まず、マウスピースとは?

マウスピースはシリコンのような柔らかい素材でできていて、基本的には就寝時に装着していただくものです。

 

歯ぎしり中の「ギリギリ…」という音は、歯と歯が擦れ合い歯が削れてしまっている音です!!!

そこでおすすめなのが☆マウスピース☆

マウスピースにより歯と歯が直接擦れ合うことを防止し、歯の擦り減りを防いでくれます。

歯の擦り減りだけではなく、歯や歯茎、顎にかかる負担は思っている以上に大きいのですが、マウスピースの弾力が歯にかかる負担を軽減することができ、顎の痛みの軽減と顎関節症の予防につながります。

日中は歯ぎしりを自分でコントロールすることができますが、就寝時は無意識に歯ぎしりや食いしばりを行ってしまい、自分でコントロールすることができないため、着用するタイミングは就寝時がベストです!

 

歯ぎしりは、自覚症状のないものなので、発見が遅れると口元だけではなく身体全体まで悪影響を与えます!歯ぎしりによって、歯や歯茎、顎にかかる力は約40~60キロと言われています!そんな力が毎晩加わっているとしたらどうでしょう…。

 

このブログを読み少しでもマウスピースが気になられた方、前からマウスピースを気になられていた方、歯ぎしりでお困りの方がいましたら是非、さかえ歯科までご連絡ください!

 

さかえ歯科は本厚木駅北口から徒歩5分!立体駐車場と隣接なのでお車も400台止められます!

他にも、何かご質問などがあればお気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、ご連絡、ご来院をお待ちしております☆

 

 

 

 

 

 

 

歯磨き粉について☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年06月2日

こんにちは!さかえ歯科クリニック受付の石上です😊

 

最近本当に暑いですね(^^;)紫外線対策と水分補給しっかり取って、この暑さを頑張って乗り切って行きましょう!

 

さて今日は歯磨き粉についてお話したいと思います♪

 

意外と生活の中で身近な存在の歯磨き粉!ドラックストアでは沢山の種類の歯磨き粉が売られています。そして毎日のように歯磨き粉のCMを見かけますよね!

 

そんな中でどの歯磨き粉がいいの?と悩みますよね!

 

まずは研磨剤が含まれているかどうかです!

研磨剤のメリットとしては、ステイン(着色汚れ)を落とします。

コーヒーやワイン、たばこのヤニなどで歯が着色してしまいますが、そういった汚れを落とす役割があります!

 

この話だけ聞くと歯を白くする、着色や黄ばみを落とすから研磨剤入りを選ぼうと思いますが、研磨剤のデメリットもあります!

 

研磨剤が歯の表面(エナメル質)を傷つけてしまい、その下にある神経につながる象牙質が露出し、知覚過敏の原因になってしまいます。

そして傷ついた箇所に汚れがつきやすくなり、歯がさらに黄ばんで見えてしまう原因になってしまいます!

 

メリット・デメリットを聞くとどっちがいいの?と迷われてしまいますが、大切なのは「低研磨のもの」「歯磨き粉をつけすぎない」「研磨剤入りの歯磨き粉の使用回数を減らす」などの工夫です!

 

そして歯医者さんでの定期的な検診とメンテナンスで歯の着色汚れを落とすことも大切です。

 

当院でもいくつか歯磨き粉を販売していますので是非ご覧ください(^^)♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

歯のクリーニングについて☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年06月2日

こんにちは♪

さかえ歯科クリニック衛生士の河津です(^_^)

今日は歯のクリーニングについてお話しさせてくださいね。

 

皆さまによくお尋ねされることで多いものが

 

「歯のクリーニングって、どのくらいのペースで受ければいいの?」

 

「自分でしっかり磨いていれば、歯科に来てクリーニングしなくても大丈夫?」

 

というものがあります。

たしかに「歯科は痛くなったらイヤイヤ治療をしに行く所(>_<)」

というイメージを持たれている方が多いと思います。

痛くない時は、なるべく近寄りたくありませんよね(^^;)

 

でも、私は「歯科が苦手な人ほど、クリーニングはこまめに通うこと」

をお勧めします!

 

歯の汚れには大きく分けて二種類あります。

ひとつは「物理的な汚れ」です。

これは、食器につくような食べものによる汚れです。

 

 

でも、食器と違って、歯は自分で直接見ることが出来ません。

鏡を使っても、裏側や上の歯の噛み合わせ部分は見ることがとても難しいです。

でも、皆さん、毎日お食事は必ずしますよね?

お食事の際に、必ず毎回歯磨きしたとしても、

完璧に磨き切ることはまず不可能です。

というか、食事の度に毎回完璧に磨こうとしたら、

歯磨きだけで毎日疲れ切ってしまいますよね(笑)

 

また、お茶やコーヒー、赤ワインなどがお好きな方や、

タバコを吸われる方は、日常の歯磨きでは取れないような着色汚れがついてしまいます。

歯科のクリーニングでは、このような

「日常の歯磨きで取りきれない物理的な汚れ」を落とすことが出来ます(^_^)

 

もうひとつの汚れは「細菌による汚れ」です。

お口の中には、様々な種類の細菌が常在しているのですが、

どんなに歯磨きを頑張っても、

これをゼロにすることは出来ません。

特に歯周病を引き起こす原因菌は空気が嫌いなので、

放っておくと、歯と歯ぐきの境目から、どんどん奥にもぐっていってしまいます。

それをさらに放置してしまうと・・・

歯を支える骨が溶けて、歯が抜けてしまうのです(ToT)

 

細菌の家のような柔らかいかたまりが「歯垢(プラーク)」

それが石のように固まったものが「歯石」です。

ハブラシが当たる部分の「歯垢」は毎日のブラッシングで取ることが出来ますが、

歯ぐきの中にもぐった「歯垢」と「歯石」は自分で取ることが出来ないので

歯科でのクリーニング(歯石取り)が必要になります。

 

どちらの汚れも、時間が経つと、またついてきてしまいますので、

「定期的に取り続けていく」必要があります。

 

ちなみに、歯のクリーニングもお部屋のお掃除と同じで

「ためるほど大変」です。

なので、最初にお話ししたように

「歯科が苦手な人ほど、こまめに通う」ことをお勧めします(^_^)

こまめに通われる方が、汚れも少ないので、回数も1回で済みますし、

虫歯や詰め物の不具合などがあった場合、早期発見しやすいので

結果として、治療も軽くて済むことが多いのです。

 

その期間は、お口の中の状態によって、個人差がありますが、

さかえ歯科では「4か月から半年おき」のクリーニングをお勧めしています。

1年で考えると、だいたい2~3回です。

思ったよりも少ないんじゃないでしょうか?

 

美容院にいくような感じで定期的に歯のクリーニングを受けることで、

綺麗な歯と歯ぐきを保ち、歯を失わずに一生を過ごしていただける・・・

これからはそんな「予防歯科」の時代です♪

ちなみに歯のクリーニングは保険適用ですので、ご安心ください(^_^)

 

「最近、クリーニングに行ってなかったから、すごく汚れているかも」

「昔、歯石を取った時、痛かったので苦手・・・」

 

という方も、回数や取る機械などについてご相談しなから

無理のない範囲で行いますので

ぜひ、一度いらしてくださいね♪

お久しぶりの方も、お待ちしています(^_^)

歯ブラシについて★厚木市の歯医者さん、さかえ歯科クリニック

2017年05月13日

こんにちは!厚木市のさかえ歯科クリニック歯科助手の野村です。

今回は歯を守るためには欠かせない「歯ブラシ」についてお話させていただきたいと思います♡

今日のポイントは「自分に合った歯ブラシ」です!

毎日磨いているし虫歯になんてならない♡ぜーんぜん平気!!

って安心しているみなさん!!本当に綺麗に磨けていますか!?

 

10人10色というように、1人1人、歯の並び・大きさ・形 が違います。歯ブラシは口の状態に合わせて選んで初めて、最大限の力を発揮します。それがお店にあらゆる種類の歯ブラシがある理由です!

自分に合った歯ブラシを使うことで、歯垢が除去でき、虫歯や歯周病を予防できるのです。

ではどんな所に選ぶポイントがあるかというと、、、!!

・ポイント・

★毛の形状は平らなものを選ぼう

★毛の硬さは「ふつう」「やわらかめ」を選ぼう

★ヘッドの大きさは「小さい」ものを選ぼう

です!

 

歯ブラシを選ぶコツは「歯垢をよく落とすことができて、歯茎を傷つけない」です。

歯磨きはしていても、歯肉がはれていたり歯垢が溜まっているのは、正しい歯磨きを知らずになんとなく磨いているか、自分に合った歯ブラシで磨けていない証拠です。

 

・市販品と歯科専売品の違いは・

★市販品 一般消費者、大衆向けに作らており、誰がどの方法で磨いても「ある程度」歯垢を落とすことができる設計になっています。

 

★歯科専売品 その名の通り、歯科医院で販売するために作られた商品です。口内の状況に合わせて用途別に特徴があり、歯科医や衛生士が患者さんに指導しやすいようになっています。正しいブラッシングの方法が実践できれば、歯垢を効率良く落とすことができます。

 

・歯周病の人におすすめな歯ブラシ・

★毛先が短いこと

★毛の硬さが柔らかいこと

 

などなど♡

 

沢山のものがあるので、ぜひみなさんが自分にあったお気に入りを歯ブラシを見つけて健康でキレイな歯を保っていけますように・・・♡

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

快適な入れ歯について☆厚木市のさかえ歯科クリニック

2017年04月24日

こんにちは!厚木市のさかえ歯科クリニック受付の石上です!

最近気温が急激に上がって春なのに夏のような暑さですね!

気温の変化で体調を崩さないように気を付けましょう💮

さて今日は義歯(入れ歯)について少しお話ししたいと思います!

保険と保険外の義歯ってどう違うの?というお問合せをよくいただきます。見た目はあまり変わらないでしょ?…と思う方もいらっしゃると思います。

けれど保険外の義歯は着け心地や、熱や食事の際の味の感じ方、義歯の素材などかなり違いがあるんです‼

まず保険での義歯は熱や食事の際に味が感じにくいと言われています。それは何故かと言うと義歯床という顎に着ける部分の素材がプラスチックで出来ていてその分厚く出来ているからです。プラスチックなので長年の使用で割れたり、自分の顎の形に完全には合わず隙間が出来やすくなり、義歯が外れやすい原因になります。

けれど保険外の義歯は留め金がないノンクラスプデンチャーや、義歯床部分が金属で出来ている義歯などがあり、着け心地などもその方の好みで選択出来るんです!

 

画像でもお分かりのように金属床の義歯は保険の義歯のプラスチック部分が金属で出来ています。金属はプラスチックよりも薄く出来ている為食事の熱や味が感じやすくなるんです!

せっかくの毎日のお食事。味気ないよりも美味しく、そして楽しく食事をしたいですよね♪

義歯のご相談もお受けしておりますので、ぜひお電話にてご予約お願い致します(^^)♪

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

個別相談会へのご案内

当院では、治療に関しての疑問・不安・質問などにお応えする機会を設けております。
どんな事でも構いません。私達にお話しして頂けたらと思います。

ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

診療案内

日・祝
午前 9:00〜13:00--
午後 14:30〜18:30-◯※-

※土曜午後の診療は「14:30〜16:30」までとなります。

※最終受付時間は「平日 18:00/土曜 16:00」までとなります。

問い合わせ先
Tel:046-224-8408
Tel:046-224-8408
オンライン予約:こちら

このページの先頭に戻る